海外旅行の基礎知識

これだけは持っていきたい海外旅行時の持ち物には何があるのか?

海外旅行の準備の時の持ち物チェックは重要なポイントです。持ち物の有無は海外旅行を楽しめるかどうかにまで関係してきます。

これだけは持っていきたい海外旅行時の持ち物には、どのようなものがあるのでしょうか?

これだけは持っていきたい海外旅行時の持ち物とは

海外旅行の準備にはそもそも注意点が多く、忘れ物をしてしまって出発してから後悔するケースは少なくありません。もちろん人によって海外旅行の必需品には違いが見られますが、以下の持ち物は総じて事前にチェックしておきたいものに数えられます。

★パスポートやビザなどの証明書
★Eチケット控えや宿泊施設の予約確認書
★現金とクレジットカード
★スーツケースや観光用バッグ
★セキュリティ関連用品
★医薬品や生理用品を含む日用品と洗面用具
★衣類と電子機器

必ずしも全てを旅行時に活用するとは限らないものの、充実した海外旅行を楽しむためにはこれらの持ち物を揃えることが大切です。それぞれの持ち物において、注目すべきポイントを続けて確かめていきましょう。

パスポートやビザなどの証明書

海外旅行を行うのならパスポートが不可欠であって、これを忘れると日本から出国できません。旅行先の国や地域にあわせて残存有効期間の規定が存在するため、海外旅行ではこうした規定を満たしたパスポートの準備が必須です。

渡航先によってはビザも要しますし、旅行の際にはパスポートや各種証明書のコピーを別に持参しておくことが望ましくなります。

Eチケット控えや宿泊施設の予約確認書

海外旅行時に使う航空券はEチケットと呼ばれる電子チケットで、空港にEチケット控えを持っていくとスムーズにチェックインを進められます。もしもEチケット控えを忘れたとしても、パスポートからEチケットを確かめてもらえば、飛行機の搭乗手続きは問題ありません。

同様にパスポートの提示で宿泊施設のチェックインもほぼ行えますが、宿泊施設の予約確認書を印刷しておく方法が推奨されています。

現金とクレジットカード

現金で日本円をある程度持っていると、日本国内の交通費や現地通貨への両替などに役立ちます。日本円と現地通貨の両替は旅行先に到着した後でも基本的に可能ですが、両替所が営業時間外の場合には即座に両替を実行できません。旅程が影響する形で現地に着いてから両替できないケースも起こりかねないため、出発前に現地通貨への両替を少しでも済ませておきましょう。

また、海外旅行時にクレジットカードを所持していれば、海外旅行保険の付帯や信用力の証明など様々なメリットを得られます。現地通貨の入手手段として海外ATMでキャッシング機能も使えますから、クレジットカードは海外旅行の必需品に該当します。

スーツケースや観光用バッグ

海外旅行時の受託手荷物は雑に扱われる場合があるので、頑丈なスーツケースを選び、ロストバゲージ防止のためにネームタグも付けてください。旅先のお土産を多めに持ち帰りたいのなら、スーツケースは大きいものが適しています。

ひったくり対策を踏まえると観光用バッグは、抱えるように持てるボディバッグがおすすめです。折りたたみ可能なサブバッグや、ショッピング時に便利なエコバッグも海外旅行に持っていくと役立つ機会が多いかもしれません。

セキュリティ関連用品

パスポートやクレジットカードは、肌身離さず持ち歩けるセキュリティポーチに入れておくと安全性が高まります。紛失や盗難に備えて日本大使館やカード会社の連絡先を前もってメモし、スーツケースや手荷物に入れておくことも重要なポイントにあげられます。

さらに海外旅行では高級な財布を使わず、安価な財布を利用した防犯対策を心がけましょう。

医薬品や生理用品を含む日用品と洗面用具

ウェットティッシュやポケットティッシュをはじめ、歯ブラシや歯磨き粉など海外旅行に持っていきたい日用品と洗面用具は幅広くなっています。生理用品やひげ剃りのほか、胃腸薬や風邪薬といった常備薬に加えて、爪切りも忘れてはいけません。

旅行先でケガをする場合もありますから、簡単に使える絆創膏も必需品のひとつです。

衣類と電子機器

観光目的の海外旅行では基本的に動きやすい衣類が適していますし、旅行日数に応じた着替えの用意も欠かせません。履き慣れた靴を選びつつ、旅行先の気候にあわせて防寒具や手袋なども準備してください。

電子機器においてはスマートフォンや携帯電話以外に、腕時計や変換プラグが必需品に相当しています。旅行先にパソコンを持っていかなくていけないときには、耐衝撃ケースの使用があっています。

海外旅行時に持っていると便利な持ち物とは

海外旅行にて絶対必要なわけではありませんが、持っていると便利な持ち物は以下の通りです。

★海外旅行保険証とハンドブック
★日本語表記の地図とガイドブック
★ジッパー付きのポリ袋や衣類圧縮袋
★アイマスクや耳栓

海外旅行保険に加入したのであれば、旅行先で海外旅行保険の保険証とハンドブックを持ち歩きましょう。日本語表記の地図やジッパー付きポリ袋は、旅行に持っていくと活躍しやすい代表的なアイテムになります。

長時間のフライトを眠って過ごしたい場合には、アイマスクや耳栓も欠かせないグッズとして当てはまります。

海外旅行保険証とハンドブック

日本国内で出発前に海外旅行保険へ加入している際には、海外旅行保険サービスの保険証を基本的に持ち歩く必要があります。とは言え、保険証の原本をトラブル発生時に持っていなくても、保険がしっかり成立しているなら補償を受けられます。

海外旅行保険の加入時には対処法や連絡先が記載されたハンドブックを受け取れるため、こちらは旅行時に所持することが大事です。

日本語表記の地図とガイドブック

旅行先でインターネット環境を使えないのなら、日本語表記の地図やガイドブックが力を発揮します。もちろん現地で地図やガイドブックは購入できますが、英語表記で読めない上に知りたいことも記載されていないケースが珍しくありません。

日本で入手したガイドブックでは交通アクセスといった情報もほぼ載っていますから、持参すれば効率良く旅を続けられるでしょう。

ジッパー付きのポリ袋や衣類圧縮袋

旅行準備の段階でジッパー付きのポリ袋を使っていると、荷物を個別にまとめられるので非常に便利です。かさ張るものでもありませんので、幅広いサイズを前もって用意しておくと帰りの荷造りで何かと重宝します。

対して、衣類圧縮袋は寒い地域への旅行時にメリットが大きく、スーツケースに荷物を多く入れたい人にも実用的なグッズになっています。

アイマスクや耳栓

機内や旅行先で熟睡したい場合には、アイマスクと耳栓の併用に助けられます。航空会社やホテルによってはアメニティグッズとして用意されていますが、持参したほうが違和感なく快適に使えるでしょう。

なお、口元が覆われるマスクの着用を禁止している一部の国や地域があるため、マスクを使いたい人は旅行前に確認しなければいけません。

パスポートやビザと現金やクレジットカードは海外旅行の必需品に該当し、旅行前にはスーツケースや観光用バッグの厳選も不可欠です。Eチケット控えや宿泊施設の予約確認書を持っていけば、チェックインをスムーズに行えるメリットが得られます。

医薬品や生理用品など日用品と洗面用具の準備を忘れてはいけませんし、衣類や電子機器においても欠かせないものが存在します。旅行目的や旅行先に応じて持っていくべきものは変わりやすいので、旅行を計画しているのなら自分にあった持ち物を組み合わせていきましょう。

関連記事

  1. 海外旅行時のクレジットカードは必要?正しい使い方と注意点

  2. 海外に旅行するときに保険は必ず入った方が良い?保険に関する基礎知識

  3. 海外の旅行時に両替はどこで行うべき?両替方法と役立つ知識まとめ

  4. 海外旅行の出発と帰国に関するよくある出来事と対処法について

  5. 海外旅行滞在中のお金に関する注意事項とトラブルについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP