コラム

格安航空券とは?メリットとデメリット

飛行機の運賃は今や高額なものではなく、手軽に入手できる時代へと変化しています。

さらには、通常の航空券よりもずっとお得に入手できる、格安航空券も多数登場しているのを知っていますか?

従来よりも安く使うことができるチケットを利用してみましょう。
多くのメリットが見えてくるはずです。

安くても結果的に行き先へたどり着けるのは同じ

多くの格安航空券がありますが、全てに共通しているのは一般料金を支払って搭乗する飛行機と、まったく同じ便に乗ることができるという点です。

当たり前の話ですが、とにかく飛行機に乗りさえすれば、目的地には辿りつくことができる訳です。

安いチケットを購入したがために、目的地へ行くことができないという事はありません。仮に天候悪化などで欠航するにしても、条件は同じなのです。

飛行機へ乗る第一の目的は、行き先へ行けるかどうかです。その一点だけを見れば、格安航空券は絶対に利用すべきと言えますね。

お金の使いみちを自分で選択できる!

上記で説明した通り、格安航空券でも目的地に行くことは可能です。

しかしLCCなどの航空会社の場合は、機内での飲み物や食べ物の提供サービスや、ブランケットの貸出サービスなどは無料で受けることができません。これは一見するとデメリットのように思えます。

しかし、一般料金には運賃以外のサービス代金も全て含まれているのが実情です。ブランケットは全ての乗客が利用するわけではありませんし、食事する気分でない場合もあるでしょう。

格安航空券を利用することで、不要なサービスに対しての料金は支払わなくても良いという新しいメリットが生まれる訳ですね。お金の使いみちを自分で決められるのは、嬉しいポイントです。

デメリットはあるのか?

格安航空券にはデメリットもあります。

チケットを早期予約することで割引を受けることが可能ですが、予定はしばしば狂ってしまうものです。場合によっては余分なキャンセル料金を求められる可能性があります。

また、天候悪化などにより便が欠航した場合、予約の変更や払い戻しなどのサービスが受けられないケースがあります。

一般的に、LCCでは払い戻しの条件が厳しく、欠航にともなうタクシー代金や宿泊費用なども受けられない可能性が高いのです。しかし、そのような状況はかなり稀です。

格安航空券は、一部ではデメリットがあるものの多くの場合はメリットばかりです。利用するためにはいくつかの条件が必要ですが、機会があれば格安航空券でのフライトがおすすめです。

関連記事

  1. 【体験記】格安航空券を使ってシンガポールのカジノへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行の基礎知識

最近の記事

  1. コラム

  2. コラム

  3. 海外旅行の基礎知識

  4. 海外旅行の基礎知識

  5. 海外旅行の基礎知識

PAGE TOP