海外旅行の基礎知識

パスポートの申請に必要な書類は?また紛失した際はどうしたら良い?

海外旅行を計画する上で欠かせないパスポートの申請手続きでは、どのような書類の準備が必要とされるのでしょうか?日本国内や海外でパスポートを紛失した際の流れなど、パスポートに関する情報をまとめてみました。

パスポートとは

国外渡航者の属する政府あるいは国家の公的機関が交付し、渡航者本人の国籍や身分を証明する公文書をパスポートと呼びます。パスポートは国際的に通用する身分証明書に当てはまり、全世界共通で外国人の入国や滞在許可にはパスポートの携帯が条件として含まれます。

世界的に自国民が出国する場合や帰国時にもパスポートの携帯は義務付けられ、パスポートは生命の次に大切なものとして知られています。空港での出入国審査やビザの申請時に加え、国際線の飛行機や海外ホテルのチェックイン時など、パスポートを呈示する機会は少なくありません。

パスポートの申請に必要な書類

初めてパスポートを申請するときには、以下の書類が必要になっています。

★一般旅券発給申請書を1通
★申請日前6か月以内に作成された戸籍謄本を1通
★住民票の写しを1通
★申請日前6か月以内に撮影されたパスポート申請用写真を1葉
★申請者本人に間違いないことを確認可能な書類

一般旅券発給申請書は、パスポート申請窓口で入手可能な手書き書式に限らず、外務省ホームページでダウンロード可能なものでも構いません。5年有効なパスポート申請用と10年有効なパスポート申請用の2種類があるため、必要書類としてどちらかを選んでください。

戸籍謄本は戸籍抄本を代わりに使用できますし、住民票の写しは申請時に不要な場合が見られます。

また、パスポート申請用写真においては、申請書に記載された規定を満たしたものしか使えません。

本人確認書類で有効な書類には1点で済む書類が存在する一方で、2点を組み合わせなくてはならない書類もあります。マイナンバーカードは1点で良い書類に数えられますが、通知カードは本人確認書類として使用できないので注意しましょう。

パスポートの有効期限と切替発給申請

日本のパスポートには5年用と10年用の2種類があって、紺色のパスポートは5年用で未成年ならこの種類しか発行できません。対して、赤色のパスポートは10年用に該当し、成人は5年用と10年用のいずれかをパスポートの申請時に選べます。

パスポートの有効期間は5年もしくは10年になりますが、残存有効期間に応じて入国を許可しない国が存在しています。

残存有効期間が1年未満になればパスポートの切替発給申請を行えるため、入国できるか心配な人は早めに手続きをしたほうが良いかもしれません。

パスポートの切替発給申請に必要な書類

日本国内でパスポートを切替発給申請するときには、以下の書類が必要書類として並びます。

★一般旅券発給申請書を1通
★申請日前6か月以内に撮影されたパスポート申請用写真を1葉
★住民票の写しを1通
★返納して失効処理を行う有効旅券
★戸籍上の身分事項に変更がある場合には戸籍謄本を1通

返納するパスポートの残存有効期間は、新しいパスポートの有効期間には加算されません。住民票の写しは不要な場合が含まれますし、戸籍謄本は戸籍上の身分事項に変更があったときのみ必要書類に加わります。

パスポートの切替発給申請を日本国内ではなく海外で行うのであれば、滞在資格を確認できる書類も揃えなくてはいけません。なお、期限切れのパスポートは切替発給申請できず、新規発給と同様の手順が求められるので気をつけましょう。

国内でパスポートを紛失した際はどうしたら良い?

国内でパスポートを紛失したのなら、各自治体の申請窓口やパスポートセンターで紛失の手続きをする流れになります。手続きには紛失理由を把握できる書類も要しますから、警察署や消防署で遺失届出書や罹災証明書の発行を受けてください。

ただし、パスポートの紛失理由が盗難や火災などに該当しない場合には、警察署や消防署で証明書を入手できない可能性があり得ます。証明書がどうしても手に入らないときには、パスポートセンターの事情説明書を代わりに使う方法も手段のひとつです。

国内でパスポートを紛失した際に必要な書類

日本国内でパスポートを紛失した際には、紛失届出手続きとして以下の書類が必要になります。

★紛失一般旅券等届出書を1通
★警察署や消防署が発行した紛失理由を確かめられる証明書類
★申請日前6か月以内に撮影されたパスポート申請用写真を1葉
★申請者本人に間違いないことを確認可能な書類の組み合わせ
★住民票の写しを1通

紛失一般旅券等届出書は、パスポート申請窓口もしくは外務省ホームページで入手可能です。紛失届出手続きを行うと紛焼失したパスポートは失効されるため、後になって発見できても使用はできません。

また、紛失届出手続きと同時にパスポートの新規発給申請を行えますので、新しいパスポートを入手したいのならあわせて手続きしましょう。

同時に新しいパスポートを申請するときには紛失届出手続きの必要書類に加え、一般旅券発給申請書と戸籍謄本のほか、申請用写真が必要です。紛失届出手続きと新規発給申請を一緒に行う際には、パスポート申請用写真を1葉ではなく2葉用意しなくてはいけません。

海外でパスポートを紛失した際はどうしたら良い?

海外でパスポートを紛失した際には、最寄りの日本大使館や総領事館に行き、パスポートの紛失届手続きを進めることになります。紛失理由を把握できる書類を手続き時に求められますから、事前にポリスレポートの発行を現地の警察署で受けてください。

当然ですがパスポートを紛失したままでは滞在に問題が発生しますし、パスポート無しでは日本への帰国を実行できません。仕事などで海外に長期滞在しているのであれば、紛失届手続き時にパスポートの新規発給申請をあわせて行う方法が適しています。

長期滞在ではなく短期滞在をしているときには、パスポートの発行まで時間を要する新規発給申請よりも渡航書の発行手続きが相応しいかもしれません。渡航書は簡易版パスポートに近く、当日発行も期待できる渡航書を取得するなら、日本への早急な帰国も果たしていけます。

海外でパスポートを紛失した際に必要な書類

海外でパスポートを紛失した際には、紛失届出手続きにて以下の書類を使用します。

★紛失一般旅券等届出書を1通
★警察署や消防署が発行した紛失理由を確かめられる証明書類
★申請日前6か月以内に撮影されたパスポート申請用写真を1葉
★本人確認や滞在資格確認を行えるもの

海外での紛失届出手続きでは、本人確認書類だけでなく、滞在資格確認を行える書類であっても手続きを進められます。紛失届出手続きとパスポートの新規発給申請は同時に行えますが、新規発給申請は国内での手続き時と必要書類の組み合わせが変わりません。

新規発給申請の条件を満たせないのであれば、海外では渡航書を申請する方法が向いています。渡航書の申請を選択する場合には、渡航書発給申請書に加えて、日本国籍を確認できる書類を手続きに使います。

さらにパスポート申請時と同様の写真を1葉と、帰国日程などを確認可能な書類も欠かせません。とは言っても、戸籍謄本が手元に無くても渡航書は申請できますから、帰国を優先したい人は渡航書の申請を役立てていきましょう。

パスポートは世界的に通用する身分証明書であり、日本では自国民に対して5年用と10年用といった2種類のパスポートを取り揃えています。未成年は5年用しか申請できませんが、成人なら10年用含めてどちらかを選べますし、残存有効期間が1年未満になると切替発給申請も行えます。

パスポートの紛失時には紛失届出手続きを必ず行い、有効期限が残ったパスポートを速やかに失効させなくてはいけません。紛失届手続きと新規発給申請は同時に実行できますから、新しいパスポートを入手したい人は検討してみましょう。

海外旅行中にパスポートを紛失したときには、パスポートの申請だけでなく渡航書の発行手続きも主要な選択肢としてあげられます。

関連記事

  1. 現地の言葉が話せない人の海外旅行時の頼りになるアイテムについて

  2. 海外旅行時のクレジットカードは必要?正しい使い方と注意点

  3. これだけは持っていきたい海外旅行時の持ち物には何があるのか?

  4. 海外旅行滞在中のお金に関する注意事項とトラブルについて

  5. 海外旅行時の損をしない賢いショッピング術を知っておこう!

  6. 海外に旅行するときに保険は必ず入った方が良い?保険に関する基礎知識

海外旅行の基礎知識

最近の記事

  1. コラム

  2. コラム

  3. 海外旅行の基礎知識

  4. 海外旅行の基礎知識

  5. 海外旅行の基礎知識

PAGE TOP