海外旅行の基礎知識

海外に旅行するときに保険は必ず入った方が良い?保険に関する基礎知識

海外旅行をするのであれば、海外旅行保険は必ず入ったほうが良いのでしょうか?

保険に関する基礎知識を踏まえつつ、海外旅行保険のメリットや補償項目についても見ていきましょう。

海外旅行に関する保険の基礎知識

傷害保険の一種に該当する海外旅行保険は、海外旅行で予期せぬトラブルに見舞われた場合の金銭的な負担を補償する保険になっています。
海外旅行中に発生しかねないトラブルにおいては、病気やケガでの入院と盗難被害に加えて、賠償責任や旅程変更などがあげられます。

このように海外旅行ではケガ以外のトラブルも心配されるため、海外旅行保険は幅広い補償内容に対応している特徴を備えています。
傷害保険の一種と言っても様々なリスクを踏まえた補償が存在しますので、事前に海外旅行保険の検討はしっかり行わなくてはいけません。

もちろん海外旅行における旅行目的や旅行形態のほか、行き先や旅行期間によって補償内容の必要性は変わってきます。
自分が必要とする補償内容を見極めて、それを海外旅行保険でカバーできるなら、海外旅行をより安心しながら楽しめるようになるでしょう。

海外旅行保険に入るメリット

まず、海外旅行保険に加入すると、海外旅行中に保険会社から日本語対応のサポートをほぼ受けられます。
旅先で言葉が通じない場合にはトラブルの解決が難しくなりますが、海外旅行保険に加入していれば問題ありません。

保険会社がトラブル発生時に通訳をしてくれるサービスや、症状に適した病院を案内してくれるサービスなどが出ています。
また、海外旅行保険の中には、メディカルキャッシュレスサービスも含まれています。

保険会社と提携した海外の病院で治療を受けた際に限られるものの、保険会社に発生した治療費をその場で補償額まで支払ってもらえます。

治療費が海外旅行保険の補償額をそもそも超えない場合には、自己負担を一切せずに済むメリットを得られるでしょう。
このほかにも海外旅行保険には無料付帯サービスがありますので、補償以外のメリットも加入の重要な判断材料といえるかもしれません。

海外旅行保険に入るデメリット

海外旅行保険における補償内容の項目は非常に多く、当然ですが任意の補償を付け過ぎると保険料は高くなってしまいます。補償内容は細かく分類されていますし、海外旅行保険の知識をある程度備えていないと見極めが困難なデメリットもあります。

さらに活用した加入方法によっては必要以上の補償が付いたプランを勧められたり、保険内容の説明を十分に受けられない可能性が考えられます。こうしたデメリットがある一方で、旅行目的や契約時の健康状態が影響し、海外旅行保険に加入できない場合も見られるので注意してください。

海外旅行保険に加入する方法

海外旅行保険への加入は、保険代理店や旅行代理店のほか、保険会社のサイトや空港のカウンターなどで行えます。保険代理店に来店して加入する方法を選んだ場合には、海外旅行保険の専門知識を持った担当者に内容を相談可能です。

対して、加入方法として保険会社のサイトを利用すると、24時間いつでも申し込める上に保険料が割安になる可能性が高まります。空港のカウンターは出発当日でも海外旅行保険に加入できる強みを持ちますが、選べるプランが他の手段よりも限られています。

選択した加入方法にあわせて必要書類などは異なるため、加入方法を選ぶ段階でこれらについてもチェックしておきましょう。

海外旅行保険の代表的な補償内容

海外旅行保険の補償内容は様々ですが、特に代表的な補償内容は以下の通りになっています。

  • 携行品損害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 救援者費用
  • 航空機寄託手荷物遅延費用
  • 偶然事故対応費用

傷害保険として海外旅行保険を考えると、病気やケガの補償に注目が集まります。
とは言っても、携行品損害や救援者費用なども海外旅行保険の大切なポイントになるので見逃してはいけません。

携行品損害

旅行期間中に携行品を紛失したり、盗難被害にあったりした場合に役立つのが携行品損害の補償項目です。補償対象はカメラや携帯電話など一部のものに限られますが、被害を受けた際に時価額もしくは修理費用が保険金として支払われます。

具体的な補償金額の支払限度や算出方法は個別に異なるので、加入時にはくれぐれも気をつけてください。

傷害治療費用

 

傷害治療費用は旅行期間中に事故でケガをし、病院において医師の治療を受けた場合に発生した費用を保険金として支払う補償項目です。補償金額は社会通念上妥当な金額になり、いずれの保険会社であっても保険金支払い対象の条件は厳しく規定されています。

事故日から規定以上の日数が経過した際には、基本的に保険金支払い対象の費用として扱われません。

疾病治療費用

疾病治療費用は、海外旅行中に病気になったときの治療費用を保険金として支払う補償項目です。

海外特有の伝染病なども保険金支払いの対象になりますが、海外旅行の出発前から病気にかかっていた場合には保険金は出ません。あくまでも海外旅行中に出発前とは関係の無い病気になることが条件なので注意してください。

救援者費用

救援者費用は、被保険者がケガや病気で入院した場合に、外国まで家族や親族が駆けつけるための渡航費などを保険金として支払う補償項目です。医療運送費や被保険者が帰国する際の搬送費も救援者費用に含まれますが、保険金支払いの対象条件は保険会社によって大きく異なります。

海外旅行保険で傷害治療費用や疾病治療費用といった補償項目を選択するのであれば、救援者費用も同時に押さえておくと良いかもしれません。

航空機寄託手荷物遅延費用

搭乗手続きで預けた受託手荷物を旅行先の空港で受け取れないことや、紛失した受託手荷物そのものはロストバゲージと呼ばれています。ロストバゲージの被害を受け、6時間以内に受託手荷物を取り戻せない場合には、航空機寄託手荷物遅延費用にて保険金が支払われます。

航空機寄託手荷物遅延費用で保険金支払いの対象になるものは、規定された時間内に必要となった衣類や生活必需品の購入代金です。ロストバゲージの被害が気になる人は、補償項目の航空機寄託手荷物遅延費用に注目してみましょう。

偶然事故対応費用

偶然事故対応費用は、海外旅行中に予期せぬ偶然な事故に巻き込まれ、自己負担を余儀なくされた費用を保険金として支払う補償項目です。保険金が支払われるのは、公的機関や交通機関のほか、宿泊機関や医療機関に加えて、旅行会社が事故の発生を証明した場合に限られます。

余儀なくされた費用においても、交通費や宿泊施設の客室料など細かく指定されているので検討時にはよく確かめなくてはいけません。

海外旅行保険の選び方

海外旅行保険を選ぶときには、海外旅行保険のメリットを得られるかどうかが重要なポイントになります。日本語対応サポートやメディカルキャッシュレスサービスの有無を確認し、海外旅行中に頼れる保険会社と契約しましょう。

また、海外旅行保険の補償項目は幅広いため、自分が必要とする補償項目が揃っている保険会社を選ぶことも大切です。
これらの条件を満たしつつ、さらに比較検討するのなら、割安で加入可能なことが主要なポイントに数えられます。

補償項目の細分化が進んでいる海外旅行保険は、海外旅行で予期せぬトラブルに見舞われた際に金銭的な負担を補償する保険です。ケガや病気の治療費用を保険金として受け取れるだけでなく、補償項目によっては携行品などの損害であってもカバーしています。

加入すれば様々な補償を受けられますが、海外旅行保険には日本語対応サポートなど付帯サービスを受けられるメリットもあります。海外旅行で起こり得るリスクが心配な人は、補償項目の内容を欠かさずチェックした上で海外旅行保険の加入を判断していきましょう。

関連記事

  1. 海外旅行の出発と帰国に関するよくある出来事と対処法について

  2. これだけは持っていきたい海外旅行時の持ち物には何があるのか?

  3. 海外の旅行時に両替はどこで行うべき?両替方法と役立つ知識まとめ

  4. 海外旅行滞在中のお金に関する注意事項とトラブルについて

  5. 海外旅行時のクレジットカードは必要?正しい使い方と注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP