海外旅行の基礎知識

海外旅行滞在中のお金に関する注意事項とトラブルについて

海外旅行に出発し、現地に滞在しているときには、現金やクレジットカードを扱う上でどのようなことに注意が必要なのでしょうか?滞在中にはお金が関係するトラブルに巻き込まれる危険性もありますから、起こり得るトラブルの内容もあわせて確認してみましょう。

海外旅行滞在中のお金に関する注意事項とは

気軽に海外旅行を楽しめる様々なサービスが登場している一方で、海外旅行に行くのならお金にまつわる知識を備えておかなくてはいけません。中でも海外旅行滞在中のお金に対する注意点は非常に多く、主な注意事項は以下の通りになっています。

★日本円から現地通貨への両替が不可欠になっている
★高額紙幣の使用は推奨されない
★チップの習慣に対応できない場合にはマナー違反とみなされかねない
★クレジットカードを所持していないとデポジットは現金で請求される
★現地通貨の硬貨を余らせると日本円に再両替できない
★国や地域によってはキャッシュレス化が進んでいる

両替やチップなどの基本知識を知っておくだけでなく、海外旅行滞在中には現金やクレジットカードの使い方においても注意が必要です。海外旅行の滞在中にお金の使い方を間違わないためにも、このような注意事項の詳細を個別に確かめておきましょう。

日本円から現地通貨への両替が不可欠になっている

海外では日本円をそのまま使えませんから、日本円を現地通貨に交換する手間がかかります。現地で活用可能な両替商は、空港や銀行のほか、ホテルや両替所になります。

いずれの場所を選んでも両替手数料はほぼ発生しますし、為替レートの影響も避けられません。空港や銀行は両替の安全性が高くなっていますが、一部のホテルや両替所は紙幣のごまかし被害などが心配されます。

高額紙幣の使用は推奨されない

高額紙幣の使用は、商品を販売する店舗側のみでなく使用者であってもデメリットが大きい行為です。店舗側からすると偽札の使用が疑われるため、紙幣識別機での偽造チェックが欠かせません。

もちろんお釣りが無いと高額紙幣での支払いに対応できないので、小さな店舗なら高額紙幣の使用を断るケースがよく起こります。使用者にとって高額紙幣は便利なように見えますが、高額紙幣の使用時に偽札被害を受けたといった事例も出ています。

高額紙幣を使用した際に偽札と断じられる形で突き返され、このときに高額紙幣が偽札と入れ替えられる被害が報告されています。海外旅行の滞在中には、高額紙幣よりも細かいお金でなるべく支払いを済ませましょう。

チップの習慣に対応できない場合にはマナー違反とみなされかねない

現地にチップの習慣がある場合には、チップに対応できないとマナー違反とみなされるリスクが発生します。レストランやバーのほか、空港のポーターやタクシーに加えて、ホテルの各サービスなどがチップを要する場面に当てはまります。

国や地域によってチップの相場は異なりますが、チップの目安は総額の5パーセントから20パーセント程度です。チップの支払いは紙幣が基本であって、相場を過剰に上回るチップを渡してもマナー違反になるので注意してください。

クレジットカードを所持していないとデポジットは現金で請求される

海外のホテルにチェックインする際には、一時的な保証金であるデポジットを求められます。とは言っても、チェックイン時にクレジットカードを提示できれば、デポジットが現金で請求されることはありません。

チェックアウト時に追加支払いが何も発生していないなら、チェックアウト後にデポジットは全額返金されます。現金を一時的にでもホテルに預けたくない場合には、ホテルのチェックインにてクレジットカードの提示を行いましょう。

現地通貨の硬貨を余らせると日本円に再両替できない

海外旅行滞在中に現地通貨は活躍しますが、現地通貨の硬貨は一般的な両替商では日本円へ両替できません。硬貨はチップとしても使用できないため、帰国後に硬貨が不要なときには、旅行先で硬貨を使い切ることが望ましくなります。

比較的規模の小さな店舗では硬貨の活用を喜ばれたりしますので、帰国前に硬貨を使った買い物を予定に入れると良いかもしれません。

国や地域によってはキャッシュレス化が進んでいる

日本国内では未だ現金決済が主流ですが、海外ではキャッシュレス化が急速に進んでいます。現金決済を受け付けていない店舗も既に珍しくありませんから、海外旅行滞在中には現金以外の支払い方法も用意してください。

周遊旅行など活用する現地通貨が頻繁に切り替わる場合には、現金よりもクレジットカードの活用が向いています。

海外旅行滞在中のお金に関するトラブルとは

旅行先の国や地域によってはお金に関するトラブルが多発するため、海外旅行の現地滞在時にはお金の扱いに注意しなければいけません。海外旅行滞在中に起こり得るお金にまつわるトラブルとして、特に代表的な内容は以下の通りです。

★スリや置き引きなど盗難被害が起こる
★海外ATM利用時に偽札被害が発生する
★観光客をターゲットにしたぼったくりの被害に遭う
★押し売りや詐欺に巻き込まれる

盗難被害や偽札被害のほか、ぼったくりと押し売りが、海外旅行時に気をつけるべきお金のトラブルに該当します。
こうしたトラブルの内容を続けてチェックし、安全に海外旅行を楽しむために役立てていきましょう。

スリや置き引きなど盗難被害が起こる

観光地ではスリや置き引きなどの盗難被害が発生しやすいため、貴重品は肌身離さず持ち歩くことが大切です。両替や記念撮影をする際には置き引きに注意し、人ごみで立ち止まるときにはスリに対する警戒が不可欠になっています。

現金はいくつかの財布に分けながら持ち、海外旅行の滞在時には目立たない服装も心がけてください。

海外ATM利用時に偽札被害が発生する

海外ATMを利用して現地通貨を入手した場合には、出てきた現地通貨の中に偽札が含まれているかもしれません。その場で受け取った現地通貨を確かめて偽札を発見したときには、海外ATMに掲示された連絡先に通報を行う必要があります。

後日になってから偽札に気がついたのであっても、同様にATMの連絡先やATMの銀行へ連絡しなくてはいけません。しっかり通報を行ってATMからの偽札と確認されるなら、取引明細書が手元に無くても銀行で交換をしてもらえます。

観光客をターゲットにしたぼったくりの被害に遭う

海外旅行の滞在中に注意したいトラブルの中には、観光客をターゲットにしたぼったくり被害が含まれます。タクシー料金やチケット販売料金のほか、お土産売り場などでぼったくりの被害はよく発生します。

日本人観光客はお金を持っていると判断されやすいので、前もって現地の物価やサービスの相場を把握しておきましょう。

押し売りや詐欺に巻き込まれる

観光地にはしつこく付きまとう物売りもいますが、このような物売りに声をかけられても反応してはいけません。立ち止まってしまうと商品を手渡され、料金を請求されるトラブルなどにつながってしまいます。

現地人が日本語で話しかけてきてもそれだけで安心せず、押し売りや詐欺への警戒を常に緩めないことが大事です。

海外旅行における現地滞在中には、両替方法やチップの仕方に加えて、現地通貨やクレジットカードの使い方に注意が必要です。信頼できる両替商を利用しないとリスクが高まりますし、チップの相場を守らなければマナー違反とみなされかねません。

高額紙幣の使用時に関する注意点や、両替できない硬貨の扱い方も忘れてはいけないポイントに数えられます。盗難被害や偽札被害に限らず、ぼったくり被害など起こり得るトラブルは様々ですから、海外旅行の滞在中にはくれぐれも気をつけましょう。

関連記事

  1. 海外旅行の出発と帰国に関するよくある出来事と対処法について

  2. 海外旅行時のクレジットカードは必要?正しい使い方と注意点

  3. これだけは持っていきたい海外旅行時の持ち物には何があるのか?

  4. 海外の旅行時に両替はどこで行うべき?両替方法と役立つ知識まとめ

  5. 海外に旅行するときに保険は必ず入った方が良い?保険に関する基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP