海外旅行の基礎知識

海外の旅行時に両替はどこで行うべき?両替方法と役立つ知識まとめ

日本国内から出発し、既に海外を旅行しているときには、外貨両替をどこで行うべきなのでしょうか?
両替に関する基礎知識や両替の方法など、海外の旅行時に役立つ知識をまとめてみました。

外貨両替に関する基礎知識

異なる単位を持つ外貨の交換を外貨両替と呼び、こうした外貨両替は銀行や空港の両替窓口などで扱われています。

外貨両替においては変動を続ける為替レートが表示されていて、両替商にあわせて用いられる両替手数料や為替レートは異なります。両替手数料の負担は外貨両替を繰り返すたびに積み重なっていくため、もちろん外貨両替の回数は少ないほうが望ましくなっています。

とは言っても、利用する両替商や外貨の組み合わせによっては、基軸通貨を間に入れなくてはいけません。渡航先で日本円から現地通貨に直接交換できないのなら、事前に日本円を米ドルなどに交換しておく方法が主要な手段に数えられます。

海外の旅行先では現地通貨の活用を求められますから、海外旅行をする人は外貨両替の仕組みを役立てていきましょう。

基本的な両替方法について

実際に両替を行う手順は難しくなく、窓口で手続きしてもほとんど会話を必要としない場合が少なくありません。外貨両替を行える場所では為替レートが表示されているので、まずはじめに為替レートの確認から行います。

続いて窓口で両替を申し込み、交換を希望する通貨を伝えた上で両替したい金額を提出する流れになります。両替された通貨と証明書を受け取り、金額が正しいかどうかをチェックしたら外貨両替は完了です。

外貨両替の手順は簡単ですが、海外では手続き時にパスポートの提示を要しかねないので注意してください。

外貨両替を行う上で事前に押さえておきたいポイント

一般的に米ドルやユーロなど流通量がそもそも多い通貨は、旅行先の現地よりも日本国内で両替する方法が向いています。日本で取り扱われる機会の少ないマイナーな通貨は、現地に着いてから両替したほうが良いかもしれません。

また、日本円を現地で両替する場合には、硬貨に対応していない場合がほとんどなので紙幣をあらかじめ準備しておくことが大切です。日本円から交換した現地通貨は帰国後に日本円へ再両替できますが、旅行先の両替と同じく硬貨は原則として日本国内で両替を行えません。

さらに日本国内にて外貨両替を行うのであれば、海外旅行への出発当日以前に外貨両替を済ませる方法が選択肢に含まれます。出発当日のスケジュールが厳しい人や、空港の両替所に並んで焦りたくない人は、外貨両替宅配サービスの活用を検討してみましょう。

両替を行える場所とは

外貨両替を取り扱っている代表的な場所は、以下の通りになっています。

    • 日本国内の郵便局や銀行
  • 日本国内の空港や金券ショップ
  • 現地の空港や銀行
  • 現地のホテルや両替所
  • 海外ATM

日本国内では郵便局や銀行だけでなく、空港や金券ショップが両替を行える主な場所に当てはまります。外貨両替宅配サービスであっても両替は行えますから、日本にて外貨両替が可能な場所や手段は様々です。

あくまでも現地到着後に外貨両替を行いたいのなら、現地にある空港や銀行のほか、ホテルや両替所を利用できます。海外旅行時にクレジットカードを所持していれば、海外ATMも現地通貨の入手手段として活躍するでしょう。

海外の旅行時に両替はどこで行うべき?

日本にある外貨両替の窓口を活用する際には日本語でやりとりできるため、海外旅行に不慣れな人は日本国内での両替が適しています。

とは言え、多額の日本円を日本国内で現地通貨に交換し、旅行先で常に大金を持ち運ぶ方法はおすすめできません。スリや置き引きなどのリスクが高まることに加えて、余った現地通貨における再両替の手数料も大きくなってしまいます。

盗難被害や手数料の負担が気になるときには、必要に応じて現地の外貨両替や海外ATMを利用しなくてはいけません。現地で外貨両替を行う場合には、選ぶ場所にあわせてメリットとデメリットが存在するので気をつけてください。

現地の空港や銀行で両替をするメリットとデメリット

現地で最初に降り立つ空港は、外貨両替をする上で利便性と安全性をどちらも兼ね備えています。空港で両替をするメリットは大きいものの、為替レートは総じて銀行や両替所に劣ります。

これに対して、現地の銀行は安全性と為替レートの良さに強みを持ちますが、アクセスしにくい欠点があります。海外旅行中に銀行で外貨両替をしたい人は、旅行前に銀行の立地をチェックしておきましょう。

現地のホテルや両替所で両替するメリットとデメリット

小規模の宿ではなく大きいホテルなら、空港と同じように両替の安全性が高いメリットを備えています。しかし、ホテルの為替レートはお得とは言えない場合がほとんどですから、ホテルでは少額の両替に控えたほうが良いかもしれません。

空港や銀行のほか、ホテルは両替手数料が高くなりやすいデメリットも該当しますが、現地の両替所では手数料が安い場合が見られます。地域によっては両替所の数が多いため、旅行時に見つけやすいことも両替所ならではのメリットになります。

複数の両替所を比較すれば、良心的な両替所を探し出すことも不可能ではありません。ただし、現地の両替所はそもそも安全性が低いので、外貨両替で何よりも安全性を優先したい場合には利用を避けたほうが手堅いです。

海外の旅行時に両替をする場合の注意点

現地の買い物では高額紙幣の使用を断られる場合がありますから、両替時には少額紙幣を混ぜるように頼んでください。両替は一度に行うよりも回数を分けるように心がけ、両替時に手に入れた証明書は大切に保管しておくことが重要です。

旅行先の現地通貨が世界的にさほど流通していないのなら、帰国前に現地で再両替することも忘れてはいけません。硬貨は原則として再両替できないため、現地通貨の硬貨が不要な人は現地にいる間に使い切りましょう。

これ以外に海外旅行中の両替では、為替レートに関する表示内容や、両替時における紙幣のごまかし被害に注意が必要です。

為替レートが良すぎる両替所には要注意

海外で両替所は様々なところに点在しますが、為替レートや両替手数料が良すぎるときには、表示に従って両替されるとは限りません。手数料無料と表示されていても為替レートが極端に悪い場合があり得ますし、逆に両替手数料の負担が大きい場合もよく起こります。

自分から声をかけてくる現地の両替商もいるものの、詐欺被害に巻き込まれかねないので誘いに乗ってはいけません。

両替所選びでは安全性のチェックを欠かしてはいけない

両替所を選ぶときには外観が整っているかどうかを確かめ、監視カメラや政府公認マークの有無もチェックしましょう。

悪質な両替所では両替時に紙幣のごまかし被害が発生しやすいので、両替をしたら自らその場で計算することが大切です。一度でも両替した場所から離れてしまえば、両替ミスに後で気づいても対応は期待できません。

海外の旅行時にはキャッシュレス決済が大いに役立ちますが、現地通貨を使わないと支払いを行えないケースは引き続き残っています。日本円を現地通貨に交換する手段が外貨両替であって、このような外貨両替は日本国内と海外のどちらであっても実行できます。

海外の旅行中に外貨両替が必要になった場合には、両替する場所を空港や銀行のほか、ホテルや両替所の中から自由に選べます。外貨両替にて安全性を重視したいのなら、注意点がいくつもある両替所以外の場所をなるべく利用していきましょう。

関連記事

  1. 海外旅行滞在中のお金に関する注意事項とトラブルについて

  2. 海外旅行の出発と帰国に関するよくある出来事と対処法について

  3. これだけは持っていきたい海外旅行時の持ち物には何があるのか?

  4. 海外に旅行するときに保険は必ず入った方が良い?保険に関する基礎知識

  5. 海外旅行時のクレジットカードは必要?正しい使い方と注意点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP